About This Site

ブログのお引越しと、wwwなしからのリダイレクト

f:id:niketcha:20190707122515p:plain
ほとんど放置状態だったWordpressのブログを心機一転、はてなブログに移行してきました。

ブログカスタマイズやAndroidアプリ開発について書いていたブログと、ゲームの攻略についていて書いていたものをまとめました。今後はレビュー記事が中心になり、たまにはてなブログのカスタマイズについて書いていくかもしれません。

はてなブログに移行してみてわかった意外なデメリットは、wwwなしのURLでは繋がらなくなるということ。

この記事では無料サービスを利用して、wwwなしでもはてなブログにアクセスできるようにする方法を紹介しています。

移行しようと思ったきっかけ

そろそろデザインを変えたいなと思ったのがきっかけです。WordPressでデザインを変えるのは気軽にできることではありません。テーマを変更するだけでなく、カスタマイズしなければならない箇所がたくさん。セキュリティやSEOのことを考えれば、定期的に手をかけなければいけません。

カスタマイズすることよりももっと記事を書くことに時間を割きたいなと思ったので、はてなブログに引っ越しを決めたのです。

同じようにWordPressのカスタマイズに手間取っている方や、新しくブログを始めたいけどWordPressは敷居が高いなと思っている方は、はてなブログがおすすめです。

▼登録はこちら



移行手順

エクスポート&インポート

WordPressからはてなブログへの移行自体は思っていたより簡単でした。

WordPress標準のエクスポート機能とはてなブログ標準のインポート機能(WordPress形式を選ぶ)を利用するだけです。

記事をインポートした後は画像のインポートもできます。こちらは少し時間がかかりますが、待ってるだけでOKでした。

独自ドメインの設定

独自ドメインの設定の方は少してこずりました。結果的に言えばDNSの設定反映に時間がかかっていただけで、設定の間違いとかではなかったです。早い時は数分で反映されたりするのに、遅い時は何時間もかかってしまうそうです。

やり方に関しては紹介されてるサイトさんがたくさんあるので割愛します。

wwwなしでもアクセスできるように

WordPressからはてなブログに引っ越したことによる意外な弊害は、URLにwwwを付けなければ繋がらないということです。今までwwwなしで繋がっていたサイトが急に存在しなくなってしまったら、せっかく訪問しようとしてくれていた人を逃してしまうかもしれません。

wwwなしのURLにアクセスしてもリダイレクトさせる方法を探したのですが、お名前.comを使った方法や有料の方法しか見つかりませんでした。

そこで限られた情報を元に、無料サーバーを使ってリダイレクトさせる方法を試しました。

まずは無料サーバーを借りる

私が借りたのはXFREE(エックスフリー)という無料サーバーです。レンタルサーバー大手のエックスサーバーが提供しています。無料なのに独自ドメインが利用でき、WordPressも使えるサーバーです。

1点デメリットとして、利用期限があります。期限がくるまでに更新(無料)しないと凍結されてしまうので、忘れないようにしましょう。

WordPressをインストール

借りたサーバーにWordPressをインストールします。この手順の必要性がよくわからないのですが、参考にしたサイトにはこのように書かれていたので倣いました。

htaccessの設定

htaccessにwwwなしからwwwありへリダイレクトする記述を書きます。

XFREEの管理画面にhtaccess編集機能が付いているのでそれを利用してもいいし、FTPで接続して更新してもOK。

htaccessには下記のように記述します。ドメイン名の所はご自身のものに変更してください。

RewriteEngine on
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^niketcha\.com$
RewriteRule ^(.*)$ https://www.niketcha.com/$1 [R=301,L]

DNSの設定

無料サーバーのIPアドレスが必要なので、調べておきます。XFREEなら管理パネルのサーバー基本情報のページに記載されています。

はてなブログで独自ドメインを設定したときの要領で、wwwなしURLの接続先を設定します。

下記の画像は私が契約しているムームードメインのものになります。

f:id:niketcha:20190704181533p:plain

「IPアドレス」と記載している欄に無料サーバーのIPアドレスを入力します。これでwwwなしで接続したら無料サーバーに飛び、そこのhtaccessを見てwwwありに飛ぶという流れになります。

2019.07.05追記:この方法ではhttps://~でアクセスしたときにエラーが出ました。無料サーバーがSSL化されてないのが原因?記事作成時点ではXFREEはSSL化することはできません。SSL化対応の無料サーバーを使えばエラーはなくなるのかも。

タイトルとURLをコピーしました