ズボラ応援ブログ始めました

サーバーをロリポップからmixhostに移転したので手順メモ

f:id:niketcha:20190707194659p:plain

サーバーをロリポップからmixhostに変更しました。

あまり初心者向けのサーバーではないと聞いていたので手順が複雑なのかな?と思っていたのですが、公式ページに用意されているマニュアルがとても丁寧で助かりました。

公式WordPressの他サーバーからの移転方法

基本的には公式のマニュアルを見て作業した方が確実かなと思います。この記事ではマニュアルだけだとわかりづらかったポイントと、なぜmixhostにしたのかについて書いています。

mixhostへのサーバー移転

なぜmixhostにしたのか

ロリポップに大きな不満があったわけではないですが、WordPressの運営が結構楽しくなってきたこともあり、お手軽サーバーからステップアップしてみたいなと思ったので。

ロリポップも昔に比べれば速くなったらしいです。SSLは無料になったしHTTP/2も対応。でもWordPressが速くなるモジュール版のPHPは月額500円のプランから。そのプランに300円のバックアップオプション付けたらもうエックスサーバーやMixHost契約できちゃうじゃんてことで、じゃあSSD使ってるエックスサーバーやmixhostの方がいいかなと。

公式ロリポップ!

公式エックスサーバー

公式mixhost

エックスサーバーとmixhostは本当に悩みました。

ネットでいろいろ情報を検索しましたが、少々情報が古かったりして混乱しました。mixhostは月額480円と紹介しているサイトがあるけど今そのプランは存在してないし、エックスサーバーはHDDだと言ってるサイトがあるけど今はオールSSDらしいし。

今気になってる両者の違いはバックアップとプラン変更、クラウドシステムくらいかな。

バックアップ

mixhostはバックアップ&リストアが無料。管理画面からいつでも自分で復元できるみたい。エックスサーバーはよくわからない。サーバーのデータ提供が10,800円でデータベースのデータ提供が5,400円と書いてあるので、データ提供を依頼してそのデータをなんとかして復元するのかな?手順の詳細は不明だけどとにかく高額な費用がかかるらしい。

プラン変更

どちらもプラン変更が下位へも上位へも可能なんだけど、エックスサーバーは月単位でmixhostは随時。

クラウドシステム

ユーザー毎にリソースが独立して制御されていて、他ユーザーの影響を受けにくいシステム。

移設にあたっての注意事項

手順によってはサイトを停止することなく移設できますが、ネームサーバーの変更が反映されるまでには時間がかかり、環境によって古いサイトが見えたり新しいサイトが見えたりする期間があります。

移行に使ったプラグイン

mixhostのマニュアルでは

  1. プラグインを使わない方法
  2. Duplicatorを使う方法
  3. All-in-One WP Migrationを使う方法

の3つの手順が紹介されていましたが、私はDuplicatorを使いました。

DuplicatorでPackageを作るときに警告が出たのですが、原因は日本語名の画像が存在したからでした。私の場合はそのままでもきちんと移行できましたが、不安な方はリネームしておいてください。

FTPでのアップロード

Duplicatorで作ったインストーラーをFTPでアップロードするのですが、マニュアルによると「サーバー側で設定した独自ドメインのドキュメントルート」にアップロードするように書いてあります。

「独自ドメインのドキュメントルート」??なんぞ?って思ったのですが、これは「独自ドメインの設定」という手順で自動作成されたディレクトリのことでした。「自動的に入力されます。デフォルトのままで問題ありません」って書いてあるから特に意識してなかったけど、後で使うとは。

デフォルトでは「public_html/ドメイン名」が独自ドメインのドキュメントルートになります。FTPでつなぐと「public_html」というフォルダがあると思うので、その中のドメイン名フォルダの中にインストーラーとデータをアップロードします。

データベース名とユーザー名

データベース名とユーザー名は「mixhost側が設定した文字列_自分が設定した文字列」という構造になってます。

データベース情報を入力するときはmixhost側が設定した文字列も自分で入力する必要があります。私は自分が設定した文字列だけ入力してしまってデータベースに接続できず、焦りました。

データベース名やユーザー名がわからなくなっちゃった!って人はcPanelの「データベース」-「MySQL データベース」から情報が確認できます。

ネームサーバーの変更

こちらはmixhost外での作業になるのでマニュアルには詳細な手順は載っていません。

私の場合はムームードメインなので、手順を載せておきます。

コントロールパネルのドメイン一覧からドメイン名をクリックします。

「ネームサーバー設定変更」をクリックします。

「GMOペパボ以外の…」を選択し、mixhostのマニュアルに載っているネームサーバーを入力して「ネームサーバー設定変更」ボタンを押せば完了です。

手順書以外の作業

移設前のサーバーでメールアドレスを取得していた場合は、新しいサーバーで取得し直す必要があります。

メールクライアントを利用している場合は設定の変更が必要です。

タイトルとURLをコピーしました