ニケッチャ×レコメンド

私がおすすめしたいもの

謎解き街歩きゲームで頭と体の体操をしよう

東京の下北沢で開催中の謎解き街歩きゲーム「下北沢 謎解き街歩き」へ参加してきました。

リアル脱出ゲームでおなじみのSCRAPさんが開催しているイベントです。会場内での謎解きではなく、ブラブラ街を歩きながら謎を解いていくというスタイルです。

この謎解き街歩きの模様をネタバレなしで紹介しますので、これから参加するという方も安心して目を通してみてください。

2018年3月まで開催の予定でしたが、好評につき2019年3月24日まで延長が決定したそうです!

謎解き街歩きとは?

なぞなぞのような脳トレのようなクイズを解くことで、次にすべき行動がわかります。舞台となる街を行ったり来たりしながら、街歩きと謎解きの両方が楽しめるゲームです。

お昼ご飯やカフェタイムを挟んだり、おしゃれな古着屋さんや雑貨屋さんを眺めたり。食べ歩きグルメを堪能しながら謎解きを楽しみましょう。

リアル脱出ゲームとの比較

リアル脱出ゲームと謎解き街歩き、どちらに参加するか迷ったのですが、次のようなメリットを感じたので謎解き街歩きの方に参加してきました。

人数制限がない

リアル脱出ゲームは人数の制約(4人で1組など)が設けられている場合が多いです。1人で参加した場合は知らない人とグループを組まされることも。その点、謎解き街歩きゲームは1人でもグループでも楽しめます。1人でのんびり気の向くまま散策したり、仲良しグループでわいわい楽しんだり、誰が先にゴールするか競争したり。色々な楽しみ方ができますね。

時間制限がない

リアル脱出ゲームには時間制限が設けられている場合があります。謎解き街歩きの場合は、施設などの入館時間の制約はありますが、1日で終わらなければまた後日改めて挑戦してもOK。

価格が安い

今回私が参加した「下北沢 謎解き街歩き」は、1人1,800円でした。リアル脱出ゲームは3,000円以上するのがほとんどみたいなので、街歩きの方がリーズナブル。謎解き街歩きは映画価格で半日は楽しめる、お得感いっぱいのアクティビティでした。

難易度は?

最初の問題が簡単すぎて、「これ大丈夫なの?」と不安になってしまいましたが、だんだん難易度も上がっていき、満足できるボリュームでした。

公式サイトに例題が載っているのですが、それよりも難しく感じました。でも解き方のポイントなどがわかってくると、「あ、このパターンね」みたいな感じで慣れてきて、最後まで解くことができました。

所要時間2時間くらいが目安らしいのですが、ランチにカフェ、ディナーまで挟んで結局7時間くらいはかかりました。

公式サイトでヒントが公開されているので、お子様やクイズが苦手な方でも楽しめると思いますよ。

下北に行ったことなくても大丈夫?

私も下北沢に行くのは初めてでしたが、ぜんぜん楽しめました!

地図ももらえるし、スマホの地図もあるし、目的地がどこにあるかわからない!といったことは無かったです。

飲食店も多種多様でたくさんあるので、入る店に困ることはありません。

ちなみに私はBISTRO土間というお店に行きました。

注意事項

かなり行ったり来たりするので、歩きやすい靴必須です。普段あまり運動しない私は、翌日筋肉痛になるほどでした。

謎解きに夢中になりすぎると危険なので、車や他の歩行者に注意しながら楽しんでくださいね。

まとめ

下北沢で開催中の、謎解き街歩きゲームについて紹介しました。

グルメも買い物も一緒に楽しめる新感覚のアクティビティ、みなさんも挑戦してみませんか。