ズボラ応援ブログ始めました

残り全部バケーション【感想】(伊坂幸太郎/集英社文庫)

伊坂幸太郎さんによる小説「残り全部バケーション」のレビューです。

本の概要

重力ピエロやラッシュライフ、グラスホッパーなど、数々の作品が映画化されている人気作家、伊坂幸太郎による小説。

集英社文庫、2015年12月25日第1刷



感想

伊坂幸太郎さんは皮肉や口答えの天才なのではないかと思う。そんなわけないだろ!と突っ込みたくなる屁理屈に、何度も笑わせられました。

今回も名コンビが出てきます。チルドレンやサブマリンの陣内さんが好きな人はたぶん好きだと思う。

一気読みがおすすめ

いくつもの場面が少しずつ同時に語られるので、多少わかりづらい部分もあるのですが、会話が面白すぎて読むのが止まりませんでした。

伏線が回収されていき、意外な所が繋がっていたりするのも楽しかったです。

よく理解できない部分や覚えていない部分もあるので、もう一度読んでみたいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました