About This Site

金属アレルギーでも安くて可愛いピアスが付けられる方法

暮らし

最近は3coinsなどで安くて可愛い流行りのピアスが売っていますが、金属アレルギーだとそのまま付けることができないですよね。そこで、金属アレルギーでも安くて可愛いピアスが付けられる方法を検証してみました。

100均のピアスカバーを付ける

f:id:niketcha:20190908121833p:plain

ダイソーなどの100円ショップで売っている、金属アレルギーの方用のピアスカバーを使う方法です。筒状になっているので、中に手持ちのピアスを差し込んで使います。写真はキャンドゥで買ったものです。一緒に写っているピアスは3coinsで買いました。

デメリット

使えるピアスの種類が限られます。スタッドピアス(ポストがまっすぐなもの)で、ポストの太さも関係します。フックやチェーンピアスなどでは使えません。

使い心地

始めて使った時は、ポストの太さになれなくて耳が痛くなりました。問題なく使えている人もいるので、慣れたら大丈夫なのかも。

キャッチが柔らかいゴムみたいな素材なので、重たいピアスを付けると心もとないです。

コーティング剤を使う

金属アレルギーの方用に販売されている、専用のコーティング剤が販売されています。フックタイプのピアスでも使える方法です。

デメリット

剥げてしまう場合があるそうです。定期的に塗り直す必要があります。

自分で樹脂ポストに付け替える

ハンドメイドアクセサリーのパーツショップで工具や材料を買えば、自分で樹脂ポストに付け替えることができます。ハンドメイドアクセサリーが流行ってますので、ファッションビルなんかにもパーツクラブや貴和製作所などのショップが入っていることがありますね。私はそんなに器用な方じゃありませんが、ポストを付け替えるくらいなら問題なかったです。

やり方はWebサイトやYoutubeで検索してもいいですし、ワークショップに参加してみる方法もあります。

平やっとこ、丸やっとこ、ニッパーの3点セットを購入するのがおすすめです。


付け替える樹脂ポストも必要です。最近は金属アレルギーの方向けのポストの種類も増えてきました。


強力な接着剤もあると便利です。


慣れてきたらアレンジもできて結構楽しいです。デザインに飽きたピアスを分解して作り変えるるのも楽しい。

デメリット

ピアスのデザインによっては付け替えできないことがあります。最初は工具を揃えないといけないので初期費用がかかりますが、お気に入りのアクセサリーが壊れてしまった時の修理にも使えて便利です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました