ニケッチャ×レコメンド

私がおすすめしたいもの

セラミドの種類-疑似やヒト型、どれがいい?

f:id:niketcha:20190718192537p:plain

セラミドはお肌の保湿効果を高めるために重要な成分です。そのセラミドにはいくつか種類があり、効果が違うということをご存知でしょうか?この記事では、セラミドの種類とその効果の違いについて紹介します。

セラミドとは

セラミドは人間の肌の角質層に元々ある成分で、水分や油分を抱え込む働きをします。そのため、お肌の保湿には欠かせない成分になります。

また肌のバリア機能を助ける働きも持っています。外部刺激による肌荒れを防ぐためにも重要です。

セラミドは加齢や環境の変化などによって減少してしまうので、化粧品で補うことが大切です。

セラミドの種類

セラミドは原料によって大きく4種類に分類できます。

天然由来の動物性セラミドと植物性セラミド、合成由来のヒト型セラミドと疑似セラミドです。

動物性セラミド

馬などの脳や脊髄から抽出して生成します。

保湿性に優れ、肌への浸透性が高いのが特徴ですが、4種の中では一番高価になります。

植物性セラミド

米や大豆、こんにゃくなどから抽出して生成します。

動物性に比べると安価ですが、人の肌のセラミドとは若干構造が異なっており、親和性に欠けるのがデメリットです。またアレルギーを持つ人もいるため注意が必要です。

ヒト型セラミド

酵母を使い、肌に元々あるセラミドとほぼ同じ構造になるように作られています。

浸透力が高く肌との親和性に優れ、安全性も高いというメリットがあります。保湿に有効な量を配合すると、価格が高くなってしまうのがデメリットです。

疑似セラミド

石油から合成される成分で、安価に生成することができます。必ずしも肌に元々あるものと構造を似せているわけではないため、ヒト型セラミドほどの効果は望めません。

疑似セラミドは化粧品の成分表示ではセラミドという表記をすることが禁じられています。プチプラコスメなどで「セラミド配合」などと謳っているのに成分表示にセラミドの文字がない場合、疑似セラミドである可能性があります。花王キュレルに入っているヘキサデシロキシPGヒドロキシエチルヘキサデカナミドなどがそうですね。

ヒト型セラミドの種類

効果や価格、安全性の面からみて優秀なヒト型セラミドですが、発見されているものだけで10種以上の種類があります。未発見のものや、働きが未解明のものもあります。主な種類とその効果は次の通りです。

  • セラミド1:水分保持・外部刺激からの保護
  • セラミド2:高い水分保持機能
  • セラミド3:水分保持・シワ軽減効果
  • セラミド4:バリア効果
  • セラミド5:バリア効果
  • セラミド6:水分保持・ターンオーバー促進・シワ改善
  • セラミド7:常在菌のバランス調整

この中で特に重要と言われているのが1~3です。中でもセラミド2は元々の肌に一番多く含まれており、7種類の中では一番高い保湿効果を持っています。

まとめ

肌の水分を保持するには欠かせない成分のセラミド。たくさん種類があって難しいですが、効果や価格などが異なるので自分に合ったものを選びましょう。