ニケッチャ×レコメンド

私がおすすめしたいもの

安眠にアロマを!寝つきが良くなるおすすめアロマを紹介します

リラックス効果のあるアロマは、睡眠時に使うのも効果的。

アロマには心を落ち着かせてくれる効果があり、ストレスや悩みから不眠になっている人には効果が期待できます。

数ある香りの中でも、安眠に効果的なものを調べてみました。

王道はやっぱりラベンダー

ラベンダー

リラックス効果の高いラベンダーは、安眠効果がとても期待できます。

ラベンダーといえばお部屋やトイレの芳香剤にもよく使われる香りですが、それらの商品は科学的に合成した香料が使われることが多いです。天然の精油は合成香料とは違った香りがするので、天然の精油を嗅いだことがないという方は一度試してみてください。

ラベンダーの効能

ラベンダーには鎮静・鎮痛効果があり、ストレスの緩和やうつ症状の軽減が期待できます。抗アレルギーや抗ウイルス作用も報告されています。

また心の健康だけでなく、血圧を下げたり免疫を強化したり、細胞を活性化させるなど、体の健康にも効果があると言われています。

通経(月経を起こさせること)作用があるので、妊婦さんは注意が必要です。香りを楽しむ程度なら影響がないという情報もありますが、事前に担当医に相談してみてください。

甘い柑橘系のマンダリン

マンダリンはミカン科の果実です。ミカンは日本人にとってはなじみ深いものなので、苦手な人が少ない香りです。

相性の良い精油が多く、初心者にも使いやすい香りです。

マンダリンの効能

不安や混乱を和らげ、いきいきとした喜びを与えてくれる作用があります。

食欲増進効果や代謝アップの効果もあります。

スパイシーで深みのあるサンダルウッド

サンダルウッドは白檀とも言われ、お香の原料として使われてきました。

「オリエンタル」とか「エキゾチック」な感じが好きな方にピッタリの香りです。

サンダルウッドの効能

深いリラックス効果があり、不眠に効果的です。緊張・不安・興奮をや和らげたいときや、ストレスからくる無気力を改善したいときに使うと良いです。

血行促進作用があるので冷え性にも効果的です。

疲労回復効果もあるカモミール

ハーブティーによく使われるカモミールですが、お茶によく使われる品種とアロマに使われる品種は種類が違います。お茶はジャーマンカモミール、アロマはローマンカモミールです。

カモミールという言葉はギリシャ語で「地上のリンゴ」を意味する「カマイ・メロン」という言葉から来ており、リンゴの香りに似ていることからその名が付いたそうです。

カモミールの効能

疲れやイライラを沈めてくれる作用があります。古くからヒステリーなどの治療として使われてきました。

ストレスで寝付けないときや、朝あまり疲れが取れていないという方に効果的です。

まとめ

安眠効果が期待できる、心を静めてくれるようなアロマを4種紹介しました。

アロマを利用する際は何よりも「この香りが好きだ」と思える香りを選ぶことが大切です。文章を読んだだけではイメージがつかめないと思うので、ぜひ専門店で香りを試してみてください。