ニケッチャ×レコメンド

私がおすすめしたいもの

世にも奇妙な君物語(書籍レビュー・ミステリー)

f:id:niketcha:20190707122801p:plain

朝井リョウさんの『世にも奇妙な君物語』をレビューします。

概要

かの有名なテレビ番組「世にも奇妙な物語」を直木賞作家が書いたら…

短編5話で構成されており、独特の緊張感やユーモアを楽しめる作品です。

感想文

しっかり風刺が効いてます。モンスターペアレント、パリピやコミュ障、ネットニュース等、いまどきの社会を題材にしていて読みやすく面白い。

各話、想像を超えるオチが用意されていて、そのままでは終わらせない感が出ています。

ネタバレ感想文

第2話の「リア充裁判」では、「やはりこの世は陽キャが生きやすくできているんだ」とガッカリすることから始まりますが、途中陰キャの逆襲が始まります。

陰キャ頑張れ~!と応援しながら読んでいましたが、そう簡単にはいかないですね。やはり世の中コミュニケーション能力は大事です。

パリピもコミュ障もどちらも皮肉ってるような内容でした。

第3話の「立て!金次郎」が個人的には一番好きでした。爽快なブーメランになっているようなオチ、最高です。

第5話には小説だからこそできる仕掛けが第1話~4話に散りばめられていたことが明かされます。

「溝淵淳平」や「渡辺いっぺい」等、どこかで聞いたことのある名前にクスっとなりました。ドラマでよくある脇役のシチュエーションに「空気ブチ破りハングリー」のようなキャッチーな名前を付けていて面白い。